脅威!青汁と乳酸菌パワー

乳酸菌入りの青汁

最近の青汁は乳酸菌を加えているものが多いというのです♪
青汁時代にも便秘を解消する効果はありますが、乳酸菌をさらに配合しちゃうことで、便秘解消効果が高まっているわけですね!

 

例えば乳酸菌入りの青汁として販売されているものには次のようなものがあります。

 

・ DHCのよくばり青汁
スキンケアや健康食品としても知られるDHCの商品では、乳酸菌と酵素が一緒にとれちゃう、便利な青汁が販売されています♪

 

・ 伊藤園の青汁
伊藤園からはペットボトルに入った青汁タイプがあります。
青汁をペットボトルに入れて手軽に飲みやすくしたのも便利ですし、無糖タイプのため自然な甘味なのが嬉しいですね。
ビタミンEや植物性の乳酸菌が配合されています。

 

・ リフレ くまモンパッケージ
かわいい商品がいいな!という方は、リフレから販売されているくまモンパッケージ。
熊本産の大麦若葉を使用していて、ヒトゆらいの乳酸菌を1000億個も配合しているそうです。
90種類の栄養成分や酵素も入っています♪

 

・ えがおの青汁乳酸菌
健康食品の販売会社としても知られているえがお。
青汁も乳酸菌入りがちゃんと販売されています。
1包で120億個もの乳酸菌が入っているそうです♪
健康食品の会社なだけあって、お客様の声から生まれた商品です。

乳酸菌とは?

よく「乳酸菌が腸で効く」という言葉を聞きますが、そもそも乳酸菌ってなんなのでしょうか?
乳酸菌って食物から摂取しても、ちゃんと働くの?
乳酸菌飲料やヨーグルトなど手軽なところに乳酸菌はありますが、実際にはどのように働くかは知らない人が多いはず♪

 

乳酸菌は体に取り込むと、生きたまま腸に届くもの、そして胃酸で死滅してしまうものにわけられます。
生きて腸に届く乳酸菌は、腸内の乳酸菌を増やすためのもの。
そして胃酸で壊れてしまうものは、全くの無意味じゃないことがわかっています♪
胃で壊れてしまっても、死骸が腸に届くことで腸に良い効果をもたらすといわれています。

 

最近では乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく色々な効果が期待されているんですよ!
・ 虫歯予防に
・ アトピー性皮膚炎に
・ アレルギーの改善
など色々あります。
乳酸菌にも種類があるため、ヨーグルト会社は独自に研究を重ね、病気の予防に効く乳酸菌を特定したりもしています。

 

それがアトピーに効くなどといわれる乳酸菌なわけですね!

 

さらに乳酸菌で腸内環境を整えれば、コレステロールの善玉菌を増やし悪玉コレステロールを減らすともいわれています。
そのため、生活習慣病に役立ったりするというわけです。

 

青汁をもっと詳しく 

腸内細菌って何?

青汁を飲んだり、乳酸菌を取り入れると、腸内細菌のバランスが良くなる!っていわれたりしますね♪
腸内細菌って何なのでしょうか?

 

腸内細菌とは、口・食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門と繋がるすべての消化器官に生息する微生物のことです。
腸内細菌といいますが、腸だけの問題じゃなかったんですね!

 

そして腸内細菌には大きくわけて2つに分類されます。
1つは善玉菌、2つは悪玉菌。
善玉菌は有用菌、悪玉菌は有害菌ともいいます。
善玉や悪玉と分類しちゃっていますが、どちらも100%にすることはできません。
善玉菌も悪玉菌も両方が存在して腸内細菌です。

 

その種類は400種類にも及び、100兆個も人は微生物を持っているのだとか。
その重さは別に量ると1kgにもなると考えられています。
それぞれがバランスを保ち生息しているのが腸内フローラです。

 

善玉菌が増えることもあれば、悪玉菌が増えすぎちゃうこともある!
一般的に腸内環境を整えるとは、善玉菌を優位にすることです。
植物でも菌類が様々な共存しあっているように、腸内細菌も善玉菌と悪玉菌が増えたり減ったりしているわけです。

 

善玉菌は腸に良い作用をもたらすもの。
悪玉菌は下痢を引き起こすなど悪い影響を起こすものです。

関連情報

腸内環境と病気

青汁に乳酸菌が含まれているものを飲むと、腸内環境を整えることができます♪
腸内環境を整えると、病気の予防にもなるといいますね!

 

腸内環境にある善玉菌と悪玉菌はいつも勢力争いを続けています。
どちらかが勝っている時もあれば、一方が負けていることも。
どちらが優勢になるかにより、腸内環境が良くなったり悪くなったりします。

 

善玉菌、悪玉菌という名前がついていることから、その働きは容易に理解できますね♪
当然善玉菌が増えたほうが健康にも良いということになります。
悪玉菌が増えすぎちゃっている方は、今は良くても病気の一歩手前かもしれません!

 

悪玉菌がなぜ増えるとよくないのか?
腸内でたんぱく質が腐敗する原因ともなるからです。
その結果毒性がある成分が作り出され、それが血液を通し全身に届けられれば、様々な病気を引き起こすこともあります。

 

これらの毒素はかなり強力なものです。
人を病気にしてしまうほど。
例えば血液を上昇させて高血圧になったり、動脈硬化を引き起こしたり。
女性の場合は肌荒れや冷え症などといった症状を感じることも。

 

細胞を傷つけるほどの強力な毒性を持つため、いたるところがダメージを受けてしまいます。

 

色々な病気の予防には腸内環境を整えると良いといわれるのは、この悪玉菌の悪影響のためからです。

 

青汁をもっと詳しく